海外デジタルマーケティングにおける戦略の立て方

新規市場への進出は、事業に大きな成功をもたらし得ます。新しい市場をターゲットにすることで顧客層をグローバルに拡大し、収益が増加する可能性が生まれるからです。デジタルマーケティングはブランドがグローバルな顧客層にリーチするための有効な手段ですが、国内と国外のデジタルマーケティングでは大きく異なる戦略を立てる必要がある場合もあります。国際デジタルマーケティングで成功するためには、リーチしたい顧客層と市場を慎重に検討する必要があります。

デジタルマーケティングは企業の国際展開にどのように役立つのか?

世界のデジタル化はますます進み、今や消費者はニュースを見るのも、ブランドとの関わりも、商品の購入もすべてオンラインで行うようになりました。多くの人がオンラインで買い物をするようになった今、新しい市場に入る際に効果的なデジタルマーケティング戦略を開発することの重要性は明白です。

SNS、PRキャンペーン、コンテンツマーケティング、SEO、Eメールマーケティングなど、デジタルメディアのさまざまなツールを利用することで企業は海外の顧客層にも迅速にアプローチすることができます。さまざまなメディアを活用して多様な戦略をとることで、顧客から好意的な反応を得られる可能性が高まります。ある媒体でのアプローチが顧客に響かなかったとしても、また別の媒体で効果を得ることができるからです。

海外顧客に向けたデジタルマーケティング戦略構築のポイント

デジタルマーケティング戦略の価値を認識したからといって、成功が保証されるわけではありません。デジタルマーケティング戦略を成功させるには、慎重かつ方法論的な思考が必要です。ここでは、Eコマースビジネスのオーナー向けに、海外顧客向けの効果的なデジタルマーケティング戦略を構築・実践する方法をご紹介します。

ペルソナの定義

海外向けデジタルマーケティングの第一歩は、ターゲット層のデータを収集し、バイヤーペルソナを作成することです。適切に顧客層を選定しそれに見合ったコンテンツを作ることが基本です。

顧客の興味を引くことに重点を置いて戦略を立てれば、インタラクションやコンバージョンを促進する可能性も高くなります。キャンペーンのターゲット層を絞るためには次のステップを踏みます。

市場の将来性と社会経済的側面から始める

まずは顧客のポテンシャルを理解し、利益の見積を行うことが重要です。人口、GDP成長率、公共インフラ、消費者分析、最低賃金、平均給与などの情報をもとにデータを収集することができます。

ここでの目的は、新しい市場で販売する商品に対する需要を見極め、ターゲットとなる消費者が商品を現状の価格で購入できる状態にあるかを確認することです。

現地の文化や習慣を考慮する

ターゲット層の顧客が生活している社会文化的環境を認識することも重要です。伝統的な信仰、価値観、ライフスタイル、行動様式、文化や価値倫理、社会の組織などを考慮して戦略を立てる必要があります。

ターゲット顧客がどのように生活しているかを知ることで、現地の文化に対する理解不足によって起こり得る論争を回避することができます。

必要な情報がすべて揃ったら、ターゲットとなるペルソナの構築を始めましょう。ペルソナは、性別、年齢、居住地、言語、学歴、業界、職種、収入、家族構成など、関連するすべての属性を網羅する必要があります。またペルソナを構築する際には、目標、問題、解決策、反対意見、伝統的な価値観など心理統計学的視点でも考慮するようにしましょう。

アイデア構築の際にこのようなデータを利用することで、費用対効果が高く良い結果に繋がるキャンペーンを作ることができます。また、可能性の高い消費者だけに焦点を絞ることで「できるだけ多くの顧客にリーチしよう」という無駄な労力を省くことができます。

競合他社の分析

競合他社の詳細な分析を行うことも、新しく海外向けのデジタルマーケティング戦略を構築する上での重要なポイントです。競合他社の情報を収集することは、市場の理解、より効果的なターゲット設定、海外市場のポテンシャルの予測、類似製品の分析、経済情勢の把握に役立ちます。ここから得た見識をデジタル戦略の構築に活かすことで、効果的に顧客を獲得することができます。

競合他社の分析を行う際には、重要な項目がいくつかあります。以下にその例を挙げましたので、ぜひ評価の構築に役立ててみてください。

  • 従業員数
  • 顧客数
  • 市場での販売年数
  • 予算
  • 顧客
  • 投資家
  • 買収したブランド

また、ターゲット層や製品の詳細などの情報源にも目を向ける必要があります。

  • 一次視聴者
  • 二次視聴者
  • ターゲット顧客層
  • 消費者とのコミュニケーションの取り方
  • 商品
  • 商品情報
  • 価格設定
  • カスタマーレビュー

このようなデータを参照することは、新しい市場で何が有効で何が有効でないかを見極めるのに役立ちます。また、デジタルマーケティングキャンペーンを行う際には、価格や日付、その他の情報を念頭に置く必要があります。

SEOを取り入れる

新しい顧客層に確実にウェブサイトを見つけてもらえるよう、デジタルマーケティングにおいて検索エンジンの最適化(SEO)を取り入れることは非常に重要です。ここでは、ウェブサイトをより海外市場からアクセスしやすくするためのテクニックをご紹介します。

SEOに優しいドメイン作り

新しく独立したウェブサイトを作成することは、SEO効果以上の利点があります。最高の顧客体験を提供するために、新規市場のターゲット顧客に合わせてウェブサイトとブランドを構築し直すことができるからです。

ウェブサイトのドメインを選択する際には、主に2つの選択肢があります。特定の国コードで終わる国別トップレベルドメイン(ccTLD)(例:.co.uk)と、国ではなく組織の用途に応じた分野別ドメイン(gTLD)(例:.org)です。

ccTLDを使えば、そのウェブサイトが特定の地域をターゲットにしていることを検索エンジンが認識でき、一般的に現地ユーザーからより高い信頼を得られると考えられています。

しかし、gTLDは親ドメインからドメインオーソリティ(DA)の恩恵を受けることができるため、より早くローカルSERPsでランクインできるという利点があります。強力なロケーションシグナルを持つccTLDは長期的に見ればランキングの可能性を秘めていますが、独自のデジタルマーケティング戦略、特にSEOを強化する必要があります。

関連性のある検索エンジンに合わせて最適化する

どの検索エンジンに向けてSEOを最適化したいかをしっかり認識することも重要です。一般的には、Googleが最も普及している検索エンジンですが、例えば中国などの国では、Baiduが最も利用されています。

検索エンジンによってサイトの評価の仕方が異なるため、その国でランキングを上げることに焦点を当て、異なるSEOアプローチをしていく必要があるということです。

ターゲット言語のキーワードを使用する

海外SEOを取り入れる場合、ターゲット言語に特化したキーワードを使用することでランキングの向上につなげることができます。検索クエリは国によって異なるため、その地域で人気のある検索エンジンを使ってキーワード調査を行う必要があります。機会損失を防ぐためにも、ネイティブスピーカーのデジタルマーケティング担当者と連携してキーワード調査を行うことが重要です。

コンテンツ戦略の多様化

デジタルマーケティングの媒体を1つだけでなく、複数に焦点を当てることで、オーディエンスにリーチするスピードを上げることができます。SEOは効果的ですが、コンテンツマーケティングやソーシャルメディアマーケティングと組み合わせることで、より有効に海外オーディエンスの注目を集めることができます。ここでは、成功率を高めるためにできるさまざまな戦略をご紹介します。

ブログの多言語化

現状のコンテンツを新規参入市場の読者向けにローカライズすることで、各市場における業界の専門家としての地位を確立することができます。また、ターゲット言語のブログコンテンツを持つことで、信頼できるブランドと見なされるようになります。

専門家からの寄稿を得る

現地のブロガーと連携し、会社や商品についてのレビューを書いてもらうよう勧めてみましょう。これも権威と信頼を築き、ニッチなオーディエンスへのアクセスを得るための有効な方法です。

ユーザーが作成したコンテンツをシェアする

ユーザーが作成するコンテンツは、さまざまなデジタルマーケティングキャンペーンの基盤として使えます。現地の人が書いたコンテンツを認知することで、信頼できる忠実な顧客ベースを構築できます。

国際デジタルマーケティングでは複数のコンテンツメディアと戦略を用いることで、より多くのオーディエンスにリーチし、セールスファネルのさまざまな段階にいる顧客層の目に留まることができます。

競争の激しいオンライン市場で頭角を表すことは、新規事業である事実を差し引いたとしても難しいことです。今回紹介したステップを踏んで、海外で新しいオーディエンスの注目を集めるためのデジタルマーケティング戦略を構築するのに役立ててみてください。それぞれに合った自分だけの戦略がありますし、明確な正解・不正解はありませんが、この記事のアドバイスに従えばきっと成功するチャンスが高くなるはずです。

まとめ

今回紹介したステップは、国際デジタルマーケティング戦略を展開する上で重要なものばかりです。ターゲット層にリーチするための有効な戦略が立てられるよう、ターゲット層とそのニーズを理解することは非常に大切です。

海外マーケティングでお困りの方やご興味のある方は、ぜひIGNITEへご相談ください。国内外問わずさまざまな戦略で経験してきたIGNITEには、海外マーケティングのエキスパートがそろっています。お気軽にお問い合わせください。

https://igni7e.jp/contact

当ブログを運営しているIGNITEは海外マーケティングを中心に、日本の中小企業や個人の海外展開をお手伝いしております。無料診断レポートもありますので、海外マーケティングにご興味がありましたら一度お問合せください。

IGNITEの海外マーケティング

この記事を監修した人
目次
CONTACT & DOCUMENT

お問い合わせ・会社資料

商談中のイメージ画像
Contact

お問い合わせ

海外ウェブマーケティングに関することはお気軽にご相談ください。
また、お見積もりの依頼も可能です。

IGNITE会社資料のイメージ画像
Document

会社資料ダウンロード

株式会社IGNITEの詳しいサービス内容や、事業強みなどをわかりやすくご紹介します。

Blog

同じカテゴリのブログ記事一覧