海外向けブログで海外ビジネスを成功させる方法とは

海外ビジネスを成功させるためには、現地の文化や市場を理解し、効果的なコミュニケーションを取ることが不可欠です。そこで、海外向けブログを活用することで、現地の人々と繋がり、信頼関係を築くことができます。

この記事では、海外向けブログを戦略的に運営し、海外ビジネスを成功に導く方法について詳しく解説します。

海外向けブログ記事と国内向けブログ記事の違いについて

海外向けブログと国内向けブログには、大きな違いがあります。最も顕著な違いは、対象となる読者層が異なる点です。国内向けブログでは、言語や文化的背景が同じ日本人をターゲットとすることができます。一方、海外向けブログでは、様々な国や地域、言語や文化を持つ読者に向けて発信する必要があります。

つまり、海外向けブログでは、言語の違いへの対応はもちろん、文化的な違いや関心、ニーズの違いなども考慮に入れなければなりません。単に翻訳するだけでは不十分で、現地の嗜好に合わせた内容作りが求められるのです。加えて、海外向けブログでは国内とは異なる検索動向やSEOの特性を把握する必要があることも抑えておきましょう。

英語でブログ記事を作成するメリット

それでは、英語でブログを作成するメリットについてご紹介します。

より多くの様々な地域のユーザーに見てもらえる

まず、ブログ記事を英語で作成することで、世界中のより多くのユーザーがアクセスできるようになります。全世界で英語を母国語として使用している人口は約3億8000万人、そして非ネイティブでも英語を使用している人口は、約15億人と推定されています。

こう考えると日本語のブログでは、日本人と一部の日本語話者にしかリーチできません。しかし、英語であれば、世界共通語として、国を問わず沢山の読者を獲得できるのです。

競合が少ない

日本国内の情報を英語で発信しているメディアは、非常に少ないのが現状です。言語の壁もあり、日本発信の英語コンテンツは圧倒的に不足しています。つまり、英語ブログで日本の情報を発信すれば、ほとんど独占的な立場に立てる可能性があるのです。

ただし、海外で人気の一般的なジャンルでは、すでに競合ブログが多数存在していることもあり、注意が必要です。的確な情報収集をして、自分に合った戦略を立てることが重要となります。

問い合わせ件数の増加に繋がる

上記の2点により、英語でブログを運営すれば自然と世界中からアクセスが集まります。実際に、英語のキーワードは、グローバルな検索エンジンの評価でも検索回数の上位にあります。

その結果、新たな商談やビジネスチャンスが広がる可能性も考えられます。ブログの集客力が高まれば、結果として収益化に繋がる機会が増えていくでしょう。

参考元:https://www.jnto.go.jp/projects/regional-support/resources/2857.html

海外向けブログを成功させる6つのポイント

続いて、海外ブログを成功させる6つのポイントをご紹介します。

ポイント1. ターゲット設定を行う

まずは、どの国や地域、文化圏の読者をターゲットとするのかを明確にする必要があります。特に、対象地域によって、関心事や好みは大きく変わってくるため、ターゲットの絞り込みは欠かせません。年齢層や男女比、職業なども考慮に入れ、できるだけ具体的にターゲット設定を行いましょう。

ポイント2. 市場リサーチを徹底する

ターゲットを定めた上で、その地域でどのようなジャンルやニーズがあるのかを詳しく調べます。キーワードリサーチはもちろんのこと、文化的な特性や価値観、ライフスタイルなども含めて市場を徹底リサーチすることが重要です。

また、合わせて競合他社がどのようなコンテンツを発信しているのかも分析がとても大切となってきますす。自社の強みや弱みを把握し、優位性を確立できる分野を見極めましょう。

ポイント3. ブログ記事の方向性を決定する

リサーチの結果を踏まえ、5W1H(誰に、何を、どこで、いつ、なぜ、どのように)の観点からブログ記事の方向性を明確化します。ターゲットに合わせてどのようなジャンルにフォーカスするか、どのようなスタンスでコンテンツを作成するかなどを決めます。

ここでは、抽象的な方向性ではなく、具体的なコンテンツプランを立案する必要があります。

ポイント4. 可能ならネイティブスピーカーにライティングしてもらう

そしてなんといっても、言語の壁は最大の障害です。可能であれば、ネイティブスピーカーにコンテンツ制作を依頼することをおすすめします。翻訳サービスに頼るよりも自然な表現や言い回しを実現でき、ターゲットに響くコンテンツを作ることができます。

万が一、外注が難しい場合は、自社でドラフトを作成し、AI翻訳に任せるかネイティブに内容のチェックを依頼するのも一案です。

ポイント5. WebflowまたはWordPressでメディアを構築する

ブログメディアの構築には、WebflowやWordPressの導入が一般的です。デザイン性に優れたWebflowは最近人気が高く、コーディング不要で手軽にカスタマイズできる点が大きな利点です。

一方、WordPressはコストが抑えられる半面、プラグインが多数必要になる可能性があります。構築難易度を考慮してプラットフォームを選択しましょう。

ちなみに、弊社では、利便性が高いWebflowがおすすめです。Webflowは直感的なデザイン機能とセキュリティの高さがとても魅力的で、デザイナーやマーケターに特におすすめのツールと言えます。

ポイント6. ウェブ広告を活用する

集客が重要なブログメディアでは、ウェブ広告の活用は欠かせません。特に、Google広告は世界規模で利用可能で、ターゲットに応じた細かい設定が可能です。検索ユーザーのニーズに合わせた広告配信ができるメリットがあります。

また、ソーシャルメディア広告も検討材料になるでしょう。Facebook広告などを使えば、属性ターゲティングが出来ます。ターゲットに合わせた適切な広告活用が不可欠になります。

参考元:https://moltsinc.co.jp/media/knowledge/6583/

まとめ:しっかりとポイントを押さえながら記事作成を行うことが、海外向けブログ成功のコツ

海外向けブログを成功させるには、国内とは異なるアプローチが必要不可欠です。言語や文化の違いはもちろん、検索動向の違いやSEO特性なども押さえる必要があります。これらを考慮した上で、ブログの方向性を定め、ネイティブな表現で質の高いコンテンツを発信していきましょう。

言語の壁などハードルは高いものの、世界に開かれた需要をしっかり押さえることができれば、海外向けブログは確実に高い収益性を持つはずです。まずは、言語が違うからと躊躇せず、一度海外向けの英語ブログを書いてみることも大切です。

この記事を監修した人
Daisuke K
マーケター、CMO
2021年にCMOとしてIGNITEのへの参加を果たした。以前からマーケティング業界での勤務経験を有し、IGNITEでは海外市場向けのマーケティング戦略を展開している。あらゆる国や地域からの、BtoB、BtoC案件を総監し、海外進出を検討する日本国内の企業から、日本への参入を希望する海外企業までのサポートを行っている。
目次
CONTACT & DOCUMENT

お問い合わせ・会社資料

商談中のイメージ画像
Contact

お問い合わせ

海外ウェブマーケティングに関することはお気軽にご相談ください。
また、お見積もりの依頼も可能です。

IGNITE会社資料のイメージ画像
Document

会社資料ダウンロード

株式会社IGNITEの詳しいサービス内容や、事業強みなどをわかりやすくご紹介します。

Blog

同じカテゴリのブログ記事一覧