【海外進出に必須】翻訳とローカライズの違いって?

IGNITE

|

2022年10月31日

ビジネスの世界では、「翻訳」と「ローカライズ」という言葉が同じように使われることがよくあります。しかし、この2つのサービスには大きな違いがあります。翻訳とは、ある言語で書かれた文章を別の言語に変換することです。ローカライズは、文章やその他のコンテンツをターゲット市場の特定の文化や言語に適合させるプロセスです。

ここでは、翻訳とローカライズの主な違いについて説明します。

翻訳 ローカライズ
翻訳は文字通りの作業 ローカライズは対象市場の文化や習慣を考慮した作業
動化されたソフトウェアでも行うことができる ローカライズは人間の専門知識が必要な場合が多い
比較的早く完了することができる ローカライズは数週間から数ヶ月かかることがある
文章を対象 音声、ビデオ、画像など他の種類のコンテンツも対象にすることができる

では、どのような場合に翻訳が必要で、どのような場合にローカライズが必要なのでしょうか?

単に文章をある言語から別の言語に変換するのであれば、翻訳で十分です。しかし、コンテンツを特定の文化や市場に適切に適合させたい場合は、ローカライズが必要です。

目次

海外にビジネスを展開する場合、翻訳、ローカライズ、コピーライティングの実施を検討することが重要です。翻訳では、すべてのコンテンツがターゲットの言語に正確に変換されることを言います。

ローカライズは、コンテンツが文化的に適切であるか、ターゲットオーディエンスに適しているかを確認することで、翻訳よりもさらに一歩踏み込みます。

コピーライティングは、ターゲット言語で、説得力のある効果的なマーケティングを発揮します。

これらのサービスを組み合わせて利用することで、海外進出を成功させることができるのです。

  • 翻訳によってターゲットとするユーザーにとって利用しやすいコンテンツを
  • ローカライズによって適切なコンテンツを
  • コピーライティングによって効果的なコンテンツを

作成することができます。

この3つのサービスを組み合わせて利用することで、海外進出を成功させる可能性を最大限に高めることができます。

逆にこの3つがなければ、海外進出で成功する確率が下がってしまうでしょう。

機械翻訳の精度は年々上がってきています。一昔前ではYouTubeの翻訳のレベルは目も当てられないレベルでしたが、いまではそれなりに理解できるレベルになっています。

しかし、それでも翻訳できない表現があり、ネイティブスピーカーにとっては怪しげな文章に見えてしまいます。そのため、翻訳ミスがあると信頼性が低下するのです。

機械翻訳の精度は上がってきていますが、まだ翻訳できない表現があり、ネイティブスピーカーには怪しく見えてしまいます。そのため、翻訳ミスがあると信頼性が低下します。

公式のウェブサイトの文章に機械翻訳を使用する場合は、テキストを注意深く校正することが何より重要です。必ずネイティブチェックを入れることをオススメします。さもなくば、ターゲットの言語で意味が通じない表現がある場合があります。

ウェブサイトならまだしも、印刷するパンフレットで翻訳ミスがあると取り返しがつかないことになります。

そのため、機械翻訳が常に適切であるとは限らないことも念頭に置いておく必要があります。非常に重要な文章や専門的な文章の場合は、プロの人間による翻訳、もしくはチェックをご利用するのが一番です。

下記に機械翻訳はネイティブからどう見えるのかを書いていきます。

機械翻訳のデメリットは、ぎこちない文章になることが多いことです。これは、コンピュータが文章の文脈を理解できないため、翻訳の際に誤りを犯す可能性があるためです。

機械翻訳は必ずしも正確ではありません。これは、コンピュータが人間と同じようにテキストの意味を理解していないためです。意味をわかって翻訳しているというよりも、データベースから当てはめて翻訳をしています。

そのため、翻訳に誤りが生じる可能性があります。

日本語には、単純に英語に訳せない単語があります。これは、その言葉の意味が日本文化に特有で、英語に相当するものがないためです。

例えば、「甘え」という言葉は、誰かに依存している感じを表すのによく使われます。この概念を正確に伝えることができる英語はないです。機械翻訳ではこのような言葉を適切に訳すことができず、混乱や誤訳につながることがよくあります。

また、機械翻訳の欠点として、先程も述べましたが、人間の言葉のようなニュアンスや微妙なニュアンスが欠けてしまうことがあります。

これは、機械がまだ言葉の使われる文脈を理解できていないため、しばしばぎこちない、あるいは不正確な翻訳がなされることがあります。

最後に、機械翻訳では慣用句や口語表現が適切に翻訳されないことがよくあります。これらは、特定の言語や文化に特有の表現であり、文字通りに翻訳することはできません。

例えば、日本語の「冷たい視線を送る」という表現は、文字通りに訳すと「誰かに冷たい視線を送る」となります。しかし、これは英語では意味をなさず、侮辱と解釈される可能性が高いです。

もっとも、DeepLでは「冷たい視線を送る」が「give a cold shoulder」と訳され、それなりに似通った意味にはなっていますが。

とはいえ、全体として、機械翻訳には多くの欠点があります。機械翻訳では、特定の文化的意味を持つ言葉を適切に翻訳できないことが多く、人間の言葉のニュアンスや微妙なニュアンスが伝わらないことがあるのです。

日本語を英語に翻訳する場合、完全に伝えることができない部分があります。それは、日本語が文脈に大きく依存し、文中から主語が省略されることが多いからです。そのため、日本語を正確に英語に訳すことが難しい場合があります。

例えば、「今日はレストランに行って、食事をしたよ。」というような文章は、文脈によってさまざまな訳し方ができます。

  • 一人で行ったなら、「Today I went to a restaurant and had dinner.」
  • みんなで行ったなら、「Today we went to a restaurant and had dinner.」
  • 誰かが行ったことを伝えるなら、「Today he went to a restaurant and had dinner.」

となります。

Iなのか、Weなのか、Heなのかによって全く意味が変わってきますが、日本語ではこういう表現は頻繁に見られます。特に口語では主語が略されることが多いです。

このように、話す相手や文脈によって文の意味が変わってしまうため、日本語を正確に英語に訳すのは難しいのです。

日本語を翻訳する際のもう一つの課題は、英語よりも間接的な表現が多いということです。

これは日本自体が同質的であり、ハイコンテクストな言語だからです。

ハイコンテクストとは、話し手と聞き手が共通の背景知識を多く持ち、その共有知識を用いて話し手の言葉を解釈するコミュニケーションスタイルのことを言います。なので、間接的に表現しても相手に伝わります。

対して英語は様々な人種が入り混じるローコンテクストな言語です。直接的に言わないと伝わりづらいです。

このような文化的差異が、日本語から英語への正確な翻訳を難しくしています。

海外への販売を目指すなら、機械翻訳と人間による翻訳(もしくはチェック)が必要です。

機械翻訳と人力翻訳のどちらにも利点と欠点があります。

  • 機械翻訳は、より速く、より手頃な価格ですが、人間による翻訳よりも正確性に欠ける場合がある
  • 人力による翻訳は、より正確ですが、より高価で時間がかかる場合がある

どのタイプの翻訳を使用するかを決定する際には、ニーズと予算を考慮することが重要です。迅速で手頃な価格の翻訳が必要な場合は、機械翻訳が最適な場合があります。より正確な翻訳が必要な場合は、人間による翻訳が適しているかもしれません。

  1. 機械翻訳
    翻訳プロセスの最初のステップで、ある言語から別の言語への翻訳をソフトウェアで行うものです。
  2. 人間による翻訳
    機械翻訳が完了したら、人間の翻訳者がテキストを確認し、必要な修正を加えます。
  3. ローカライズ
    翻訳されたテキストが対象国の文化に適切に適応していることを確認するステップです。
    現地の用語が正しく使われているか、現地の習慣が正しく反映されているかなど、現地の文化に合わせた翻訳を行います。
  4. コピーライティング
    翻訳プロセスの最後のステップは、翻訳された文章が正しく、間違いのないものであることを確認することです。これには、校正や文章の流れを確認することなどが含まれます。

海外進出ならIGNITEにご相談ください。

私たちは、企業の海外市場参入を支援する海外マーケティング専門の会社です。

翻訳はもちろん、ローカライズやコピーライティングも得意としています。

一度、お気軽にお問い合わせください。