海外向けコンテンツマーケティングを成功させる方法は?自社運用のメリットとデメリットについて解説

著しくグローバル化が進む現代において、企業が国境を越えて事業を展開することが一般的になっています。またそれは企業のみでなく、個人でも商品を購入するなど、同様の傾向が見られます。そのような背景により、海外向けのコンテンツマーケティングに取り組むことは非常に重要な鍵となるのです。そこで今回はより効果的な海外向けコンテンツマーケティングを行うためのポイントやメリット、デメリットをご紹介いたします。

海外向けコンテンツマーケティングとは?

海外進出を検討する方は知っておくべき手法のひとつが海外向けコンテンツマーケティング。海外向けコンテンツマーケティングは、グローバルな視点を持ち、異なる国や文化圏のターゲットに合うコンテンツを作成、発信しコンバージョンの獲得を狙うマーケティング手法のことを指します。

コンテンツマーケティングの概要について

コンテンツマーケティングは、ブログ記事やソーシャルメディア投稿などを通し、ニーズのある情報を提供するマーケティング方法です。簡潔に説明すると、直接的な広告やセールスピッチではなく、教育的、情報的、またはエンターテイメント的なコンテンツを提供することに重点を置いている手法になります。

海外向けコンテンツマーケティングのこれまでと今後の需要について

企業の海外進出など、近年では特にグローバル化が進んでいることにより、海外市場向けのコンテンツマーケティングへの需要は急速に高まっています。特にデジタル化の波に乗り、さまざまな言語や文化に考慮したコンテンツマーケティングが求められ、それに応じたコンテンツ作成を行う能力が今後ますます重要になるでしょう。

海外向けコンテンツマーケティングを成功させる方法は?

では実際に海外向けコンテンツマーケティングを行い成功に導くためのポイントを解説いたします。

1.ターゲットを明確にし適したコンテンツを運用する

効果的なコンテンツマーケティングを行うためには、ターゲットにする国、性別、年齢などを明確に特定することが重要です。例えば、中国をターゲット市場として選んだ場合、英語記事の運用は効果が薄いでしょう。なぜなら、大多数の中国人の方は英語の記事を読むことが難しいためです。日本の場合も同様のことが言えます。どの国でどの言語で展開していくか、しっかり検討することがポイントとなります。

さらに、ビジネスモデルがBtoB(企業間取引)かBtoC(消費者向け)かを明確にすることも重要です。どちらにしても、基本的にはテキストコンテンツの運用する方が良いでしょう。その上で、ターゲット市場に応じたSNSや検索エンジンを活用することが鍵となります。例えば、韓国ではNaver、中国ではBaidu、欧州ではFacebookなどのプラットフォームを利用することが効果的です。言語のみならず、文化的背景や習慣、その国の好みに合わせたコンテンツを提供することを意識しましょう。

このように、ターゲット市場に合わせたアプローチを設計することが、海外向けコンテンツマーケティングにおける成功の秘訣です。それらを詳細に決めておくことで、より効果的なマーケティングを行うことができます。

2. ターゲットの検索意図について理解を深める

どのようなターゲットがどのような目的、意図でそのキーワードを検索しているのか理解することは、より効果のある海外向けコンテンツマーケティングを行う上で非常に重要です。ではどのように検索意図について知ることができるのか、詳しく解説いたします。

ツールを使用し関連キーワードからユーザーを理解する

おすすめの方法のひとつがGoogleキーワードプランナーやUbersuggestなどのオンラインツールを利用する方法です。それらのオンラインツールは、SEO(検索エンジン最適化)とコンテンツマーケティングのために特に設計されており、特定のキーワードに対する検索ボリュームなどの情報を得ることができます。キーワードリサーチ、競合分析などに役立つため、ユーザーを理解するために活用しましょう。

Googleキーワードプランナー:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

Ubersuggest:https://app.neilpatel.com/

海外向けコンテンツマーケティングの特徴

海外向けコンテンツマーケティングの特徴をご紹介します。

テキストベースのコンテンツ設計

コンテンツ制作はSEOを意識して行います。Googleの検索エンジンに高く評価されるためには、テキスト形式のコンテンツが中心となります。情報を効果的に伝えるテキスト中心のコンテンツは、SEO強化にも貢献します。特に海外向けコンテンツマーケティングの場合、ターゲットとなる国により、言語が異なるため、表現や言い回しを注意する必要があります。

リッチコンテンツの活用

リッチコンテンツは、テキスト以外の多様なメディア要素を組み合わせたデジタルコンテンツを指します。例えば、画像、音声、ビデオ、対話要素などを組み合わせて、情報やメッセージを分かりやすく、魅力的に表現できるため、情報の伝達を効果的に行うことができます。こちらは言語的な側面も関係しますが、視覚的にアプローチできるため、海外向けコンテンツマーケティングにおいて大いに活用できるでしょう。

パーソナライズされたコンテンツの制作

ターゲットの好みや行動に基づいたパーソナライズされたコンテンツを提供することで、より効果的にアプローチすることができます。海外向けの場合、言語や文化、習慣を取り入れたコンテンツ作成が重要となります。

インタラクティブなコンテンツ

クイズや投票など、より関心を引くような、インタラクティブな要素を取り入れることで、ユーザーの参加を促し、エンゲージメントを高めることができます。

日本向けと海外向けコンテンツマーケティングの違い

国内向けのコンテンツマーケティングと海外向けのコンテンツマーケティングの異なる点は何なのか、詳しくみていきましょう。

言語の違い

すでにお伝えしたように、海外市場におけるコンテンツマーケティングでは、国により言語が異なることは大きな違いのひとつです。言語の違いを理解し、より自然なテキストを使ったコンテンツ作成をすることはターゲットの興味を引くために重要です。

文化や習慣の違い

国が違えば、言語も違いますが、もちろん文化や習慣も異なります。日本では当然とされている文化が海外では受け入れられていなかったり、日本では馴染みのない習慣が海外では当たり前という場合もあります。そのような文化の違いも日本向けコンテンツマーケティングと海外向けコンテンツマーケティングにおいて大きく異なるポイントだといえるでしょう。

好まれるコンテンツの違い

国や地域によって好まれるコンテンツのスタイルやフォーマットには大きな違いがあります。より興味を持ってもらえるようなコンテンツを作成するためには、どのような種類のコンテンツが好まれているのか、情報収集することも海外向けコンテンツマーケティングを成功させるためには大切です。

自社で海外向けコンテンツマーケティングを運用するメリット

ここからは海外向けコンテンツマーケティングを自社で運用するメリットについて解説します。

低コストで運用できる

外部依頼すると委託料が発生しますが、自身で全てコンテンツマーケティングを行う場合、料金が発生しないため、低コストでの運用が可能です。

自分の思うコンテンツマーケティングを行うことができる

自身の思うようなコンテンツ作成を行うことができるため、ブランドメッセージを直接コントロールできます。考えの食い違いなどを防ぐことができるでしょう。

自社で海外向けコンテンツマーケティングを運用するデメリット

続いては、海外コンテンツマーケティングを自社で運用するデメリットについて解説します。

コンテンツの質が保証されない

コンテンツマーケティングの知識やスキルがない場合、効果のないコンテンツを作成し、発信することになる可能性があります。その場合、効果を得られないだけではなく、費やした時間や労力も無駄になってしまいます。特に海外向けコンテンツマーケティングを行う場合、上記でも記述したように、言語や文化の違いなどを考慮したコンテンツ作成を行うことが大変重要です。

労力と時間がかかる

上記でもお伝えしたように、専門的な知識がない場合、計画立案やリサーチ、コンテンツ作成に時間も労力も消費することになります。効果的な海外向けコンテンツマーケティングを効率良く行うためには、専門的なスキルを持っている代行会社へ外部依頼することがおすすめです。

まとめ:海外向けコンテンツマーケティングにおける重要なポイントをまずは理解する

海外向けのコンテンツマーケティングにおいては、ターゲットオーディエンスの深い理解、適切なコンテンツの選択、文化や言語の違いへの適切な対応が不可欠です。これらの基本的な要素を把握し、戦略的なアプローチを取ることが、グローバル市場での成功の鍵となります。しかし、これらの対策を全て網羅できるマーケティング会社を探すことは難しいと言われています。

IGNITEの場合、バイリンガルのマーケターが、各企業や国にあった戦略を立て、ローカライズされたコンテンツを提供することが可能です。より効果的なコンテンツマーケティングを実現するために、どのようなポイントを押さえる必要があるのか理解し、運用方法をしっかり検討することをおすすめします。

この記事を監修した人
目次
CONTACT & DOCUMENT

お問い合わせ・会社資料

商談中のイメージ画像
Contact

お問い合わせ

海外ウェブマーケティングに関することはお気軽にご相談ください。
また、お見積もりの依頼も可能です。

IGNITE会社資料のイメージ画像
Document

会社資料ダウンロード

株式会社IGNITEの詳しいサービス内容や、事業強みなどをわかりやすくご紹介します。

Blog

同じカテゴリのブログ記事一覧