【2022年版】LinkedInマーケティング戦略成功への12ステップ

IGNITE

|

2022年04月08日

LinkedInは2003年5月にローンチしたサービスです。当初は主にビジネスプロのためのネットワーキングサイトとして認識されていましたが、この20年足らずの間に世界200カ国で6億6,000万人のユーザーを持つまでに成長しました。

現在では求職者と採用希望者をつなぐだけのSNSであるだけでなく、マーケティングツールとしても非常に有用なものに変貌しました。それゆえに、効果的なLinkedInマーケティング戦略を策定することがあらゆるビジネスにおいて重要になってきています。

LinkedInで適切なマーケティングを行うことができれば、ブランドの認知度向上や長期的なビジネス関係の構築だけでなく、リードジェネレーション(潜在顧客の獲得)にも効果が見込めます。

LinkedInマーケティング戦略について学ぶ前に、まずはなぜそれが重要なのかを見てみましょう。

目次

LinkedInの最大の利点は、幹部レベルのインフルエンサー、意思決定層、ソートリーダーの利用者が多いことです。トップレベルの役員の注目を集めたいのであれば、LinkedInマーケティングが適しています。ウェブ上で手軽に入手できるマーケターのためのLinkedInガイドがあるので、これを活用すればより戦略を立てやすくなります。

LinkedInが他のSNS(Facebook、Instagramなど)と異なるのは、B2Bマーケッターにとってのチャンスの宝庫であることです。LinkedInが公開したデータを見てみましょう。

こちらを見ても分かるように、強力なLinkedInマーケティング戦略がビジネスの成功の要であることは明らかです。

  • ブランド認知の構築
  • Webサイトのトラフィックの増加
  • 質の高いリードジェネレーション

など様々な効果を期待することができます。業界でソートリーダーとしての地位を確立するのにも役立ちますが、LinkedInでパーソナルブランドを確立するためには明確な目標と戦術が必要になります。

効果的なLinkedIn戦略を策定するためにはターゲットオーディエンスの深い理解も必要です。ここからは、LinkedInで成功するマーケティング戦略を立てるためのステップをご紹介します。

LinkedInで公開するコンテンツの種類や発信方法は、最終的な目的によって異なります。そのため、マーケティング戦略の策定を始める際に大まかな目標設定を行うことが非常に重要です。

一般的には、次のような目標の中から1つまたは複数選ぶのがよいでしょう。

  • ブランド認知の構築
  • 見込み客の絞り込み
  • ブランドの評判強化
  • ターゲット層とのエンゲージメント
  • 製品・サービスの販売

マーケティングの目標が明確になったら、次はターゲットユーザーを定義します。これは強固なLinkedInマーケティング戦略を立てるための必須条件です。

オーディエンスの把握は、職種、地域、業界など様々なパラメーターを基準に行うことができます。仮にあなたの目的がブランド向けにインフルエンサーマーケティングの電子書籍の販売だとします。この場合、「ソーシャルメディアマネージャー」や「ソーシャルメディアエグゼクティブ」などの肩書きを持つマーケティングの専門家がターゲット層に含まれるかもしれません。

ターゲット層を明確にすることに加え、既存のオーディエンスを深く理解することも重要です。LinkedInマーケティングで成功するには、誰がオーディエンスなのか、また彼らが何を好む傾向にあるかを理解することに重点を置くことが大切です。

企業ページでは、アナリティクスセクションを使って、フォロワーやページ訪問者について詳しく分析することができます。オーディエンスや好まれやすいコンテンツの種類について有意義な洞察が得られ、ターゲット層のニーズに合わせてオーダーメイドのマーケティング戦略を作るのに役立ちます。

LinkedInの企業ページは、マーケティング戦略における最大の資産の1つであり、ターゲットオーディエンスがあなたのブランドと最初の交流を持つ場所でもあります。そのため、オーディエンスがあなたのビジネスについて知りたいと思っていることをすべて知ることができる状態にしておきましょう。これには製品やサービスの内容、従業員、本社に関する情報も含まれます。

会社のロゴ、ホームページのURL、業種、会社規模などを必ず記入するようにしましょう。このような詳細情報を追加することで会社の信頼性が高まり、マーケティングを間接的により強固なものにすることができます。

加えて、会社や製品に関する重要な情報を伝える説明欄を作成することも重要です。ブランドのイメージに合ったカバー画像を設定し、企業ページには最新かつ包括的な情報を掲載することで信頼性とプロフェッショナル性を強化し、ブランドイメージを向上させます。

例えば、Schneider ElectricのLinkedIn企業ページを見てみましょう。ここで注目すべきは「Overview」セクションがワンストップになっていることです。ここでWebサイトのURL、得意分野、またSNSのリンクなど企業に関する必要情報がすべて提供されています。

また、企業ページのフィードで関連コンテンツを発信したり共有することでもオーディエンスの関心を引く必要があります。これもブランドの信頼性を高め、業界のソートリーダーとしての地位を確立するためのコツです。

効果的な企業ページの事例については、LinkedInが選んだ「2018年の企業ページトップ10」のリストをご覧ください。

検索エンジンに応じてウェブサイトを最適化するのと同様に、LinkedInの企業ページにおいてもSEO対策を行う必要があります。実際、これはLinkedInマーケティング戦略において欠かせない重要な項目です。

効果的に最適化された企業ページは、LinkedInの内外を問わず検索結果の可視性を高めるのに役立ちます。最適化を行うことにより、オーディエンスはLinkedInだけでなく検索エンジンからもあなたのビジネスについて知ることができるようになります。企業ページのSEO対策には次のような方法が挙げられます。

LinkedInマーケティングでは、キーワードが非常に重要です。キーワードの使用をウェブサイトやブログに限定するのはもったいないことです。ターゲットが製品やサービスを探すときに使いそうな言葉やフレーズを特定し、企業説明欄や専門分野のリストに組み込みましょう。

インバウンドリンクは、ページの検索エンジンランキングを決定する最も重要な要素の1つです。

したがって、LinkedInマーケティング戦略を確固たるものにするためにはLinkedIn企業ページのSEO対策を行う必要があります。最も簡単な方法は、ウェブサイト、ブログ、ニュースレター、SNSなどにLinkedInプロフィールのリンクを掲載することです。

他にも、従業員のLinkedInページを作成し、雇用主として会社を追加することを奨励しましょう。これにより企業ページへのリンクが増え、インバウンドリンクのプロファイルの強化につながります。

オーディエンスとのエンゲージメントを高めることに加え、関連性のあるコンテンツを定期的にアップロードして共有することでGoogleにインデックスされるようになります。その結果、検索エンジンでの順位が上がり、企業ページが上位に表示されるようになるのです。

LinkedInマーケティングを強化するためには、どうすれば競合他社から一歩抜きん出ることができるかを考えなくてはいけません。

LinkedInには「企業の追跡」という機能があり、自社と類似した企業のリストを見ることができます。また、それらの企業のフォロワー数、フォロワーの増加、SNSのエンゲージメントなどの重要な指標にアクセスすることができます。

類似企業がどのような戦略で成功を収めているかを特定し、それを自身のLinkedInマーケティング戦略に取り込むことができます。

どれだけ魅力的な企業ページを作っても、フォロワーが集まらず、利用者が増えなければ意味がありません。SEO対策を行うだけでなく、オーディエンスにフォローを促すことも重要です。

LinkedInマーケティングを成功させ、リードジェネレーションを行うには、可視性を上げることが重要です。これによりあなたの投稿や更新は余すことなくオーディエンスのフィードに表示され、コンテンツへのリーチを向上させることができます。

最も簡単な方法は、従業員や同僚全員に企業ページをフォローしてもらうことです。また、ブログやウェブサイトだけでなく、メールの署名やニュースレターにも「フォローする」ボタンを追加しておくとよいでしょう。これで購読者やサイト訪問者はワンクリックであなたのフォロワーになることができます。さらに、既存の顧客や協力者を招待して、企業ページをフォローしてもらうのもよいでしょう。

企業ページに多くのフォロワーを集めることは簡単なことではありません。しかし、高いフォロワー数を獲得したからといってLinkedIn戦略が終わるわけでもありません。オーディエンスを維持し、エンゲージメントを保つことは、それ自体が課題です。これを達成するための唯一の方法は、彼らの心を掴む有意義なコンテンツを公開し共有することです。

コンテンツの質は、LinkedInマーケティング活動の成否を左右します。LinkedInでコンテンツを公開する時には、なぜオーディエンスがこのプラットフォームに時間を費やすのか、その理由を十分に理解する必要があります。

それだけでなく、オーディエンスがどのような情報を求めているかを理解することも重要です。一般的に、下記のようなコンテンツはLinkedInで得られる効果が高く、マーケティングに有効です。

2017年、BuzzSumoはLinkedInでシェアされた1000万件の記事を分析する調査を実施しました。この調査において「トップクラスの人気を誇る記事の見出しによく使われるフレーズは2つに分類される」という重要な発見がありました。下記がその2つの分類です。

  • 業界トレンド –「これからの」「世界の」「これからの力」など
  • ハウツー記事 –「〜のための方法◯選」「〜のためにすべきこと◯選」「〜のコツ◯選」など

この統計から明確に分かるのは、LinkedInのユーザーは教育的なコンテンツに関心を持っているということです。また、他にも業界の最新動向を知ることができるコンテンツにも興味を示していることが分かります。オーディエンスの関心が高いコンテンツを提供することで彼らのニーズに応えることができ、その結果LinkedInマーケティングを勢いづけることができます。

SNSでは、定期的に流れてくるだけの凡庸なコンテンツを投稿する意味はありません。新鮮でオリジナル性の高いコンテンツを作ることがオーディエンスの心を打つための効果的な方法です。ソートリーダーシップ・コンテンツがLinkedInでオーディエンスを増やし、エンゲージメントを向上させるのに効果的なのはそのためです。

ソートリーダーシップ・コンテンツには、次のような種類があります。

  • 業界のソートリーダーシップ:業界の最新トレンドに対して自分の視点を提供する
  • 組織的なソートリーダーシップ:企業のビジョンや理念を反映したもの
  • プロダクトソートリーダーシップ:ターゲット顧客の問題に対するベストソリューションとして自身を位置づける

どの種類でコンテンツを作成するにしても、自己宣伝を前面に出し過ぎないように注意しましょう。過剰な宣伝はLinkedInマーケティングに悪影響を与える可能性があります。

自分のコンテンツを公開・宣伝するだけでなく、有益で魅力のある他ページのコンテンツも共有することが必要です。共有を行うことで企業ページのフィードに新しい風が吹き込まれ、他ブランドとの関係構築にも役立ちます。このようなステップがLinkedInにおけるマーケティング戦略をより効果的なものにしてくれるのです。

コンテンツを更新する際は次のような方法を使い、テキストベースの単調な投稿にならないように気をつけましょう。

  • 説明キャプション
  • 魅力的な画像
  • 適切な絵文字
  • 箇条書き

上記に加え関連ハッシュタグを使用すればさらに可視性を高めることができます。これは、LinkedInでマーケティングキャンペーンを成功させるために非常に重要なことです。

LinkedInで戦略を成功させるためには、アップデートでオーディエンスのエンゲージメントを可能な限り高めることが重要です。

オーディエンスの注目を惹くには、テキストベースの記事に加えて画像や動画を活用するのが有効です。実際LinkedInは、画像つきの記事は2倍高いコメント率につながり、動画は会話に繋がる確率を5倍高めるとのデータを出しています。画像や動画に加えてSlideShareのプレゼンテーションやPDFをアップロードすることでも、コンテンツをより魅力的なものにすることができます。

LinkedInでは、プラットフォーム上に直接動画をアップロードすることができるようになりました。LinkedInでは他のプラットフォームのリンクよりも自社リンクの動画を優先する傾向にあります。この特徴を最大限に活用するためには、YouTubeのリンクを共有するのではなくプラットフォームに動画を直接アップロードするとよいでしょう。

LinkedInでは、きちんと字幕がついた1〜2分の短めの動画を作成することが推奨されています。ブランドのビジョンを反映し、本格的な動画を作るよう心がけましょう。これは簡単にできることにも関わらず、意外と多くのマーケターが見過ごしている対策でもあります。競合他社に差をつけたいのであれば、この戦略が鍵となります。

オーディエンスを維持し、あなたのLinkedIn企業ページに惹きつけるための鍵となるのが一貫性です。一貫性はLinkedIn戦略で成功するために欠かせない重要な要素です。

魅力的なコンテンツを定期的に発信すれば、フォロワーに期待感を持たせることができます。その結果、エンゲージメントのレベルが上がり、コンテンツのリーチがさらに広がります。これによりより多くのフォロワーを惹きつけることができ、あなたのLinkedInオーディエンスをより大きく成長させることに繋がります。

LinkedInでは、オーディエンスとのつながりを維持するために毎日投稿することが推奨されています。そのため、コンテンツの一貫性を保つためにも、コンテンツカレンダーの作成を戦略の一環としておすすめします。コンテンツカレンダーとは、作成するコンテンツの種類とともに、コンテンツ公開のタイムラインを設定することです。

LinkedInのマーケティングにおけるもう一つの重要な側面は、コンテンツの牽引力が最大に発揮される時間を狙って投稿を行うことです。つまり、あなたのオーディエンスがオンラインである確率が最も高い時間を見つける必要があります。

簡単な方法としては、企業ページ分析の「アップデート」セクションでクリックスルー率(CTR)をチェックすることが挙げられます。さまざまな投稿時間を試しながらクリックスルー率を分析して、ピーク時間を見つけましょう。

LinkedInのプロフィールを成長させるには、初期の段階で関連性の高いコネクションを多く作る必要があります。そのためには、多くのアウトリーチを行う必要があります。

しかし、手作業によるアウトリーチは困難であり、時間がかかります。この解決策として、アウトリーチの自動化は素晴らしいアイデアです。Dux-Soup LinkedIn Automationを使えばこのような開拓ステージを簡単に自動化し、他の重要なステージに労力を集中できるようになります。

Dux-Soupを使うとどんなことができるのでしょうか?

このツールは見込み客の開拓、宣伝、さらにはパーソナライズされたメッセージの送信までをすべて自動でおこなってくれます。それだけでなく、見込み客へのドリップキャンペーンを設定することも可能です。

従業員や同僚の協力は、LinkedInでオーディエンスを増やし、リーチを広げるための大きな助けになります。したがって、彼らの協力を得ることはLinkedIn戦略において不可欠です。企業ページのフォローだけでなく、更新に「いいね!」や「シェア」してもらうことも可能です。企業ページで重要な更新をしたときは、必ず相手に通知するようにしましょう。

また、従業員の個人ページでも必要な情報はすべて記入してもらうようにしましょう。雇用主を明記し、必ず企業ページへのリンクを入れてもらいます。そうすることで従業員のネットワークであなたのブランドが認知されるようになり、ひいてはブランドの認知度向上やマーケティングの成功につながります。

この機会に、LinkedInの個人ページのプロフィールもきちんと更新されていることを確認しましょう。個人ページはマーケティング戦略に直接的な影響はないかもしれませんが、LinkedInの個人ページはあなたのブランドの人間的な部分を見せるものです。

有望な個人プロフィールを作成することで、あなたのブランドイメージをより強力にすることができます。特別なスキルや仕事上の成果はできるだけ記載するようにしましょう。

LinkedInマーケティングにおいて重要なのは、戦略を定期的に評価することです。先ほどもご紹介したように、企業ページの分析を使えばオーディエンスに関する有益な洞察を得ることができますが、それだけでなく更新のパフォーマンス分析にも活用できます。そのためには企業ページの「アップデート」セクションがどのように機能するのか学んでおくとよいでしょう。

LinkedInアナリティクスでは各投稿のインプレッション、クリック数、エンゲージメント、クリックスルー率などを表で確認することができます。これらの情報を使い、どの種類のコンテンツが一番エンゲージメントが高いのかを知ることができます。

LinkedInでブランドに関するコンテンツを共有するときは、ウェブサイトやブログへのリンクも合わせて掲載するといいでしょう。あなたのコンテンツに興味を持った多くの人がウェブサイトを訪れてくれるかもしれません。

しかし現実的には、ランディングページにたどり着いてフォームに入力してくれる人は少なく、その結果リードを失ってしまうことがほとんどです。ただしウェブサイトのトラフィックを追跡すればこのようなオーディエンスも獲得することができるかも知れません。

Q1. LinkedInのマーケティング戦略とは何ですか?

A. LinkedInマーケティング戦略とは、LinkedInというプラットフォームにおけるマーケティング目標を達成するために立てる計画のことです。戦略を立てることでブランドを成長させ目標を達成するために必要なステップを明確化することができます。

Q2. マーケティング戦略の4つのタイプとは何ですか?

A. マーケティング戦略には、以下のような数多くの種類があります。

  • コーズマーケティング(Cause marketing)
  • リレーションシップ・マーケティング(Relationship marketing)
  • トランザクショナルマーケティング(Transactional marketing)
  • アンダーカバー・マーケティング(Undercover marketing)

Q3. 2021年にLinkedInで行えるマーケティング戦術は何ですか?

A. 2021年にLinkedInでマーケティングを行うために採用できる戦術には次のようなものがあります。

  • 企業ページの最適化
  • 質の高い記事、画像、動画を投稿する
  • アウトリーチの自動化
  • 競合他社の戦略分析
  • 投稿や企業ページの宣伝
  • 従業員による投稿の共有を促進する

Q4. LinkedInでフォロワーを増やすにはどうしたらよいですか?

A. LinkedInでフォロワーを増やすために行うべきステップには次のようなものがあります。

  • プロフィールを完成させ、SEO対策を行う
  • コンテンツカレンダーの作成
  • 質の高いオリジナルコンテンツを定期的に投稿する
  • フォロワーに有益なコンテンツを共有する
  • LinkedIn広告を利用してリーチを拡大する
  • さまざまなコンテンツタイプで実験する

Q5. LinkedInのマーケティング戦略はどのように立てればよいのでしょうか?

A. LinkedIn戦略を立てるためのステップには次のようなものがあります。

  • 目標を明確にする
  • オーディエンスを明確にする
  • 企業ページの作成と最適化
  • 競合他社のページ分析
  • ページの宣伝
  • 高品質で関連性の高いコンテンツを作成する
  • コンテンツカレンダーの設計
  • アウトリーチの自動化
  • 従業員の協力を得る
  • ウェブサイトのトラフィックを追跡する

Q6 .LinkedInをB2Bマーケティングに活用するにはどうしたらよいでしょうか?

A. LinkedInをB2Bマーケティングに活用するには次のようなステップがあります。

  • 企業ページの作成
  • ページの最適化
  • コンテンツカレンダーの作成
  • 高品質なコンテンツの作成
  • コンテンツの宣伝
  • アウトリーチの自動化
  • 企業ページの宣伝

LinkedInは、あなたのブランドを意思決定層や役員レベルのインフルエンサーと結びつける機会を豊富に提供してくれます。ブランドの認知度を高め、製品やサービスを販売するための強力なマーケティングツールへと成長したLinkedIn。今こそその重要性を認識し、強力なマーケティングキャンペーンを作りましょう。

LinkedInでの戦略には、ビジネスの最終的な目標とターゲット層を深く理解することが重要です。魅力的な企業ページを作成し、SEO対策(LinkedIn内外の両方で)を忘れないようにしましょう。さらに、LinkedInのオーディエンスのために独自のコンテンツ戦略や投稿のアップデートを仕立てることも必要です。

また、LinkedInにおけるマーケティング活動を強固なものにするために、利用できるリソースはすべて活用しましょう。投稿と企業ページへのリーチを増やすために従業員などの既存リソースを活用することもこれに含まれます。

最後に、Google AnalyticsLinkedInInsightsなどのツールを活用してウェブサイトのトラフィックを追跡し、どの企業がLinkedInからウェブサイトを訪問しているか確認することも忘れないようにしましょう。

海外マーケティングなら、海外SEOやマーケティングのスペシャリストが在籍するIGNITEへお任せください。まずはお気軽にお問い合わせください。