インバウンド観光の未来を切り拓く!効果的な戦略とは

インバウンド観光は過去最高の5兆円を突破し、その重要性が高まる中、その成功のカギを握るのが効果的な戦略です。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA170F20X10C24A1000000/

単に観光客を呼び込むだけでは不十分で、持続的な成果を生み出すためには綿密な計画が欠かせません。

この記事では、インバウンド観光で真の成功を収めるための戦略づくりについて、詳しく解説していきます。市場調査や競合分析から始まり、ターゲット設定、マーケティング手法の選択など、押さえるべきポイントを順を追って見ていきましょう。また、戦略立案を自社で行うか、専門家に依頼するかについても、そのメリットとデメリットを比較しながらお伝えします。

インバウンド観光で成功するには戦略を立てたほうが良い?

インバウンド観光で成功を収めるためには、明確な戦略を立てることが不可欠です。やみくもに取り組んでも、効果を最大限に引き出すことは難しいでしょう。まずは、ターゲットとなる観光客の国籍、年齢層、興味関心などを詳細に分析し、それに基づいて戦略を練る必要があります。そうすることで、限られた予算や資源を最大限に活用し、効果的なプロモーションや受入体制の整備を行うことができます。

インバウンド観光の戦略を立てるポイント

インバウンド観光の戦略を立てる上で、いくつかの重要なポイントがあります。ターゲットとなる観光客の特性を理解し、競合との差別化を図り、的確なターゲット設定を行うことが求められます。さらに、現地でのサポート体制の整備や効果的なマーケティング手法の選択も慎重に行う必要があります。

徹底した市場調査でターゲット層を見極める

インバウンド観光の戦略作りにおいて、まず欠かせないのが徹底的な市場調査です。地域に訪れる観光客の国籍や年齢層、興味・関心、旅行の目的などできる限り詳細なデータを収集し、分析することが重要です。

例えば、アジアからの観光客が多いのか、欧米からの観光客が中心なのかによって、アプローチの仕方は大きく変わってきます。また、若年層かシニア層のどちらが多いのかによっても、求められるサービスは異なるでしょう。こうしたデータを丹念に集め、分析することで、ターゲット市場の特性を深く理解することができます。そして、その理解に基づいて、最適な戦略を練ることができるようになるのです。

ただし、市場調査は一度きりで完了するものではありません。観光トレンドは常に移り変わっていくものです。

例えば、新型コロナウイルスの感染拡大によって、衛生面や安全面への関心が高まったことは記憶に新しいかと思います。旅行者の嗜好は刻一刻と変化しているのです。そのため、定期的に市場調査を行い、最新の情報を常にキャッチアップしておく必要があります。

そうすることで、戦略を適宜修正し、変化する市場の需要に対応することができるのです。徹底した市場調査は、インバウンド観光戦略の土台となる重要なプロセスです。労力を惜しまず、できる限り詳細なデータ収集と分析に努めることが、戦略成功の第一歩と言えるでしょう。

競合調査で自地域の強みを見出し、差別化を図る

インバウンド観光の戦略立案において、競合他社や他地域の動向を把握することは極めて重要です。自地域だけを見ていては、市場全体の中での位置付けを理解することはできません。競合調査では、他の地域がどのようなターゲットに向けて、どのようなプロモーションを展開しているのかを詳細に分析することができます。調査である地域がアドベンチャーツーリズムに力を入れていることが分かれば、自地域としては文化体験型の観光に特化するといった差別化を図ることができるでしょう。

また、競合地域の受入体制についても注目します。宿泊施設の質や量、交通アクセス、多言語対応についてどのレベルまで整備されているのかを把握することで、自地域に不足している点を明らかにすることができます。

しかし一方で、競合調査は単に他地域の真似をするためのものではありません。むしろ、自地域の強みを再認識するためのプロセスと言えます。他地域との比較を通じて、自分達にしかない独自の魅力や価値を発見できるはずです。

さらに、競合調査は新たなアイデアやヒントを得る機会でもあります。他地域の成功事例から学び、自地域の特性に合わせてアレンジすることで、より効果的な戦略を生み出すことができるでしょう。ただし、競合調査に終始するあまり、自社の独自性を失ってはいけません。あくまでも重要なのは、自分たちの強みを活かすことです。競合との差別化を図りつつ、地域の魅力を最大限に引き出す戦略を練ることが、インバウンド観光成功の鍵となるのです。

ターゲット設定の重要性:市場と競合の分析から最適なセグメントを絞り込む

市場調査と競合調査を行った後、最も重要なのがターゲット設定です。インバウンド観光の戦略において、「誰に向けて」アプローチするのかを明確にすることは非常に大切です。

ターゲットを設定する際には、国籍、年齢層、興味・関心、旅行目的など、できる限り詳細な区分で考える必要があります。例えば、「アジアからの観光客」というだけでは漠然としすぎています。「20代の韓国人女性で、美容と食べ歩きに興味がある層」というように、具体的に設定することが求められます。

こうした細分化されたターゲット設定は、的確なマーケティング戦略を立てる上で非常に有効です。ターゲットのニーズや嗜好が明確になれば、それに合わせたプロモーションや商品開発、受入体制の整備を行うことができるからです。また、ターゲットを絞り込むことで、限られた予算や人的資源を最大限に活用することも可能になります。「全方位型」のアプローチではなく、重点的にターゲットを絞ることでより高い投資効果を期待できるのです。

ただし、ターゲット設定は慎重に行う必要があります。絞り込みすぎると、かえって市場機会を逃してしまう恐れがあるからです。市場調査と競合調査のデータをしっかりと分析し、自地域の強みを活かせる最適なセグメントを見極めることが大切です。

さらに、一度設定したターゲットを固定的に考えるのではなく、柔軟に修正していく姿勢も重要です。市場の変化や競合の動向、施策の効果などを常にモニタリングし、必要に応じてターゲットの微調整や変更を行うことが求められます。インバウンド観光の戦略において、ターゲット設定は最も重要な意思決定の一つと言えるでしょう。市場と競合の分析に基づき、自地域の強みを最大限に活かせる的確なターゲットを設定することが、戦略成功の大前提となるのです。

ネイティブスピーカーの重要性:言語と文化の壁を乗り越える鍵

インバウンド観光戦略を成功させるためには、ネイティブスピーカーの存在が欠かせません。なぜなら、ネイティブは言語の翻訳だけでなく、その国の文化や習慣に関する深い理解を持っているからです。ネイティブを確保することは、ウェブサイトやパンフレットの翻訳、現地の案内表示など、言語的な課題を解決することにも繋がります。

また、宗教的制約やタブーな行動についても文化的背景を踏まえた適切な対応も可能にすることができます。現地の人々の嗜好や行動パターンを理解することで、効果的なマーケティング施策を立案できるでしょう。

それのみでなく、言語の行き違いや文化的な摩擦から生じるトラブルの未然防止にもつながります。言語や文化の壁を乗り越えることで、スムーズにコミュニケーションを取ることが出来ます。ただし、ネイティブの確保には、ある程度コストがかかるのも事実です。高い専門性を持った人材の採用には相応の投資が必要です。しかし、長期的に見るとこの投資は十分に価値のあるものだと言えるでしょう。

ネイティブの活用については、常勤採用だけでなく、大学との連携やインターンシップの活用など柔軟な発想を求められます。様々な方法を検討し、言語と文化の壁を乗り越えることが、インバウンド観光戦略の成功に欠かせません。対象国の人々と円滑にコミュニケーションを図ることが重要な鍵となるのです。

最適なマーケティング手法の選択:ターゲットに響くアプローチを見極める

ターゲットとなる国や年齢層、興味・関心などを細かく分析し、それぞれに合ったアプローチをするマーケティング手法の選択は極めて重要です。

例えば、若年層をターゲットとする場合は、SNSやインフルエンサーマーケティングが有効と言えます。インスタグラムやTikTokを使った映像発信や、人気のブロガーやYouTuberとのタイアップで旅行意欲を高めることもできます。一方の富裕層向けには、高級雑誌への広告や旅行会社との提携など、ラグジュアリー感を演出したエクスクルーシブな手法がよいでしょう。

また、オンラインとオフラインのバランスも重要です。ウェブマーケティングだけでなく、現地でのイベントやリアルな体験の場を提供することも効果的です。予算や人的リソースにも留意する必要があり、SNS運用には高い専門性と継続的な努力を要します。それぞれの対象地域に合ったアプローチを選ぶことが賢明です。

そして、マーケティング手法は定期的にターゲット層の嗜好や行動の変化に合わせて、効果測定と軌道修正といった柔軟性が重要になってきます。このため、ターゲットを深く理解し、適切なアプローチ方法を選ぶことがマーケティングの鍵となります。

▼インバウンド効果を最大化させるコツについて、もっと知りたいという方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

https://igni7e.jp/blog/inbound-inbound-tourist-effect

インバウンド戦略の立案:自社で行うか、専門家に依頼するか

インバウンド観光の戦略立案において、自社で行うか、専門家に依頼するかは重要な選択です。それぞれにメリットとデメリットがあるため、地域の状況や体制に合わせて慎重に判断する必要があります。ここからは、自社立案と専門家への依頼、それぞれの利点と課題を詳しく見ていきましょう。

自社でインバウンド戦略を立案するメリット

1. コスト削減につながる

自社でインバウンド戦略を立案する最大のメリットは、コスト面でのアドバンテージです。専門家に依頼する場合、その分の委託料が発生しますが、自社で立案する場合は追加のコストがかからないため、予算を他の部分に振り分けることができるのです。特に、予算が限られている地域や企業にとっては、これは大きなメリットと言えるでしょう。

2. プロジェクトへの理解度が高い

また、プロジェクトへの理解度が高いというメリットもあります。自社の関係者が直接戦略作りに関わることで、プロジェクトの背景や目的を深く理解することができます。外部の専門家に依頼する場合、プロジェクトの詳細を説明する手間が発生します。

しかし、自社で立案する場合は、そのような手間がなくスムーズに進めることができるのです。加えて、社内の関係者にプロジェクトへの共感や当事者意識が高まる効果もあります。これは、実行段階でのスムーズな連携にも繋がり、自発的に施策の実行に取り組むことにも繋がります。

3. 専門家でも立案が難しい部分がある

場合によっては、専門家でも難しい部分があることを理解しておく必要があります。ターゲットの詳細については、自社でこそ決められる重要な事項です。地域の強みや特性、目指すべき方向性を踏まえて、ターゲットを設定することが求められます。この部分は、社内の関係者の知見と議論なくしては、適切な判断を下すことは難しいでしょう。

従って、具体的な施策の立案や実行について、専門家の知見を借りるというアプローチが効果的と言えるでしょう。

自社でインバウンド戦略を立案するデメリット

一方で、自社でインバウンド戦略を立案することには、いくつかのデメリットも存在します。自社の体制や状況によっては、これらの課題が大きな障壁となる可能性があるため、十分に認識しておく必要があります。

1. 質の高い戦略が保証されない

まず、自社でインバウンド戦略を立案する場合は、その質が保証されないという点が挙げられます。インバウンド観光に関する専門知識やスキルが社内に不足していると、戦略の内容が不十分になってしまう恐れがあるのです。

特に、競合他社や他地域の動向を踏まえた差別化戦略の立案は、高度な分析力と創造力が求められます。この部分は、専門家でも難しいと言われているため、自社だけで行うのはリスクが高いと言えるでしょう。不十分な戦略に基づいて施策を実行しても、期待した効果を得ることは難しい可能性もあるため、貴重な予算と時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。

2. 客観性が欠如するリスクがある

自社の関係者で行う場合には、客観性が欠如してしまう恐れもあります。社内の常識や慣習にとらわれ、新たな発想やアイデアが生まれにくくなるのです。「業界ではこうするものだ」「うちはこうしてきたから」といった固定観念に縛られると、革新的な戦略を打ち出すことは難しくなります。インバウンド観光は、日々変化する市場の動向に柔軟に対応することが求められる分野です。

こういった面では、外部の専門家に依頼することで、第三者の視点で社内の「常識」にとらわれない、斬新な切り口やユニークな提案が期待できるでしょう。

3. 時間と労力を大量に消費してしまう

さらに、多くの時間と労力を消費してしまうというデメリットもあります。戦略立案には、膨大な情報収集と分析が必要不可欠です。専門知識が不足している場合は、調査や分析に多くの時間を要することになります。また、戦略立案のために社内の人材を割かなければならないため、本来の業務に支障をきたす恐れもあるのです。

加えて、多言語対応も欠かせないため、外国語に堪能な人材が社内にいない場合はその分の労力も発生します。翻訳や通訳のために、外部リソースを活用する必要が出てくるでしょう。限られたリソースをより効果的に活用するためには、戦略立案は専門家に任せるという選択肢が最適と言えます。

効果的な戦略立案には専門家の知見が有効

自社でインバウンド戦略を立案する場合のメリットとデメリットを比較すると、専門家に依頼するほうが良いケースが多いと言えます。特に、効果的な戦略を立てたい場合は、専門とする業者への外部依頼が推奨されます。ただし、戦略立案の前提となるターゲット設定については、自社の強みや目指すべき方向性を踏まえ、どのような観光客を呼び込みたいのかを自社で明確にすることが重要となります。

まとめ:最適な戦略がインバウンド観光を成功に導く

インバウンド観光を成功に導くには、最適な戦略が不可欠です。地域経済活性化や国際交流促進など、多方面に好影響をもたらします。ゆえに最適な戦略立案と着実な実行が不可欠です。また、時代の変化に合わせて戦略を進化させる柔軟な姿勢も欠かせません。最適な戦略に基づく不断の努力が、インバウンド観光の発展を力強く後押ししていくのです。効果的なインバウンド戦略を起案するためにプロの意見を取り入れたいという方は、一度気軽にIGNITEへご相談ください。

▼インバウンド観光を成功させるため、プロにコンサルティングを依頼することを検討している方は、以下の記事もご覧ください

https://igni7e.jp/blog/consulting-on-inbound-tourism 

この記事を監修した人
Daisuke K
マーケター、CMO
2021年にCMOとしてIGNITEのへの参加を果たした。以前からマーケティング業界での勤務経験を有し、IGNITEでは海外市場向けのマーケティング戦略を展開している。あらゆる国や地域からの、BtoB、BtoC案件を総監し、海外進出を検討する日本国内の企業から、日本への参入を希望する海外企業までのサポートを行っている。
目次
CONTACT & DOCUMENT

お問い合わせ・会社資料

商談中のイメージ画像
Contact

お問い合わせ

海外ウェブマーケティングに関することはお気軽にご相談ください。
また、お見積もりの依頼も可能です。

IGNITE会社資料のイメージ画像
Document

会社資料ダウンロード

株式会社IGNITEの詳しいサービス内容や、事業強みなどをわかりやすくご紹介します。

Blog

同じカテゴリのブログ記事一覧