インバウンド観光の効果を最大化するコツや手段について紹介します!

コロナの影響により制限されていた国境を越えた旅行が解禁され、日本へも多くの国から旅行客が訪れています。それとともによく耳にするワードのひとつが「インバウンド」という言葉。その意味と重要性を正確に理解している人は意外と少ないかもしれません。インバウンド観光の効果は、単に外国人旅行者が訪れることでの経済的な影響のみではなく、日本の文化の発展、さらには地域社会の活性化にまで及びます。そこで今回この記事では、インバウンドとは何か、そしてその効果を最大化するためのコツや手段について、詳しく掘り下げていきます。

そもそもインバウンド観光とは何か

インバウンドとは、もともと「内向き」や「外から中に入る」という意味を持つ言葉で、観光やビジネス、ITなど多岐にわたる分野で用いられています。特に旅行・観光業界で外国からの訪問者を指すことがほとんどです。対照的に、アウトバウンドは日本から海外への観光客を意味します。

インバウンド観光の定義と日本経済における重要性

インバウンド観光は、外国からの観光客が、日本の宿泊施設、飲食店、観光地などでお金を使い、消費活動を行うことを示し、日本の経済などに多くの利益をもたらす重要な要素とされています。インバウンド観光の促進により、日本の経済成長、雇用の増加、観光業の成長などに繋がります。そのため、日本政府や観光関連の団体は、インバウンド観光を支援し、非常に重要視しています。

パンデミック後のインバウンド観光の復活

これまで日本ではインバウンド観光が多く、インバウンド効果による経済効果も大きいものでしたが、コロナ禍突入に伴い、海外旅行は停止、日本への訪日観光客もゼロとなりました。その後、2023年頃から徐々にパンデミックは収集に向かい、旅行制限の緩和後、インバウンド観光は再び息を吹き返しています。インバウンド観光の復活は、国際的な交流の再開と各国の経済回復において極めて重要な役割を果たしています。

参考元:https://www.ktv.jp/news/feature/221011-2/

インバウンド観光の効果が及ぼす影響について

ではここからはインバウンド観光の効果が及ぼす影響について具体的にご説明いたします。

経済への利益と統計

まずは経済的な利益に関してです。これはどなたにでも想像がつきやすいインバウンド観光の効果ではないでしょうか。訪日観光客がホテルやレストラン、観光名所などでお金を使うことで、その施設のみでなく、地域へ経済効果を与え、結果的に日本経済に大きな利益をもたらします。

小売、宿泊、地域経済への貢献

インバウンド観光は、小売業、宿泊業、そして地域経済全体に対しても大きな貢献をしています。外国からの観光客は、日本の伝統的な商品やお土産品を購入する傾向があるため、小売業は日本の商品やお土産品の需要が高まり、地域のショップが繁盛します。また、宿泊業界も需要が増し、新しい宿泊施設が建設され、雇用機会が拡大します。地域経済全体に影響を及ぼし、地元の企業や住民に経済的な利益をもたらします。さらに、観光客との交流を通じて地元文化や伝統が強化され、地域社会の活性化に寄与します。

インバウンド観光の変化:「物」から「体験」へ

時代が変われば、求められるものも変化しますが、昔と比較すると訪日観光客に需要があるものも変化が見られるようです。詳しくみていきましょう。

観光客の好みの変化が見られる

最近では、訪日観光客の間で、単にお土産を購入するだけでなく、日本の食文化を体験したり、伝統的な着物を着たりするなど、よりリアルな体験を求める傾向が強まっています。商品などの購入が唯一の目的ではなく、日本の伝統的な体験を通じ、文化を肌で感じることで、訪日観光客はより豊かな旅を望んでいます。

インバウンド観光の効果に関する課題

近年、日本は観光業において急速な成長を遂げ、国内外からの観光客が増加しています。この「インバウンド」の増加は、経済へのポジティブな影響をもたらす一方で、新たな課題や懸念も浮上させています。本稿では、インバウンド観光の効果に関連するさまざまな課題に焦点を当て、その影響や解決策について探究していきます。観光業の成長に伴い、どのように課題を克服し、インバウンド観光の効果を最大限に活用できるのか、その考察を深めていくことが必要です。

言語の壁によるコミュニケーションの問題

訪日観光客と円滑なコミュニケーションを図るために、言語の壁を克服する必要があります。したがって、多言語に対応できるよう、メニューの翻訳などの準備が不可欠です。

文化的な違い

異なる文化背景を持つ観光客のニーズや期待に応えることは、文化的な知識不足からくる難題であり、克服が難しいことがあります。

都心への過度な観光客の流入

都心だけでなく、他の地域にも足を運んでいただくためには、言語的な問題が浮上することから、十分な事前準備とサポート体制が必要です。多くの観光客が都心に集中することで、地方の魅力的なスポットが見過ごされがちになりますが、これを解決するためには、言語サポートと事前準備が不可欠です。

インバウンド観光の効果を最大化させるためのコツ

では、インバウンド観光の効果を最大化させるためのコツ、ポイントをお伝えします。

ターゲットとなる様々な国から訪日する観光客のニーズについて理解する

訪日観光客には様々な国籍の方がいます。出身国が異なれば、もちろん習慣や言語、食文化、価値観なども異なるため、それぞれの国の特性を理解することが不可欠です。観光客が快適で充実した滞在を楽しむためには、彼らのニーズに合わせたサービスや情報提供が必要となります。訪日観光客のニーズを満たすことは、結果的にインバウンド観光の効果を高めることに繋がります。

予約できるようなシステムを整える

特に飲食店や体験型施設において、予約システムの導入は混乱やトラブルを回避し、顧客の満足度を向上させる重要な対策です。予約システムを導入することで、訪日観光客は事前に希望の時間帯や日程で予約を行うことができ、待ち時間を最小限に抑えることができます。これにより、旅行中のストレスを軽減し、より良い観光体験を提供できるでしょう。

ウェブマーケティングの活用

インバウンド観光の効果を最大化するためには、訪日観光客にとって需要のある魅力的な情報をオンラインで発信することが必要です。例えば、InstagramやFacebookなどのSNSやリスティング広告などを活用し、国外にいるターゲットに情報提供することで、観光客が訪日した際に、SNSで発見した観光地へ足を運んだり、商品購入をするきっかけになります。下記のようなプラットフォームをウェブマーケティングとして活用しましょう。

  • リスティング広告
  • SNS(X、Instagram、Facebook、LinkedInなど)
  • GMB(Googleマイビジネス)
  • ウェブサイトの英語翻訳
  • ブログ記事 など

▼インバウンド観光に関する広告について、さらに知識を深めたい方はこちらの記事もご覧ください。

https://igni7e.jp/blog/inbound-advertising-for-foreign-visitors

インバウンド観光の効果を最大化させるための手段

インバウンド観光の効果を最大化させるためのポイントをご紹介しましたが、続いては、実際はどのように行うのか、その手段について解説いたします。

自社で行う場合

自社で取り組む場合、迅速かつ比較的低コストでインバウンド対策を行うことが可能です。しかしながら、スキルや語学力、インバウンド観光に関する知識などが不足している場合、効果をあまり得られないこともあります。つまり異なる国からの観光客のニーズを正確に理解し、それに応じたサービスや情報提供が求められるということです。したがって、自社で取り組む場合は、まず必要な知識やスキルを習得する必要があります。

他社へ依頼する場合

コストはかかりますが、専門の代理会社に依頼することで、インバウンド観光の効果を最大化できるといえるでしょう。すでに知識やスキルを兼ね備えている専門家の協力を得ることで、インバウンド観光の効果を高めることが可能なのです。また、外部に委託することで、労力だけではなく時間の消費も最小限に抑えることが可能です。

まとめ:インバウンド観光の効果を最大化したいのであれば、ポイントを抑えた対策が重要

この記事を通して、インバウンド観光の効果を最大化することで、どのような影響、利益があるのか理解していただけたのではないのでしょうか?いずれにしても、インバウンド観光の効果を高めるためには、戦略的なアプローチが重要となります。そのためには、網羅するべきポイントをまず理解しましょう。それを踏まえて自社で対策するのか、外部の会社へ依頼するのかも検討することがおすすめです。外部へ依頼する場合も、海外市場や訪日観光客、そして外国語の言語理解が可能な会社はそう多くはありません。IGNITEでは、海外市場を理解したバイリンガルのマーケターによるサポートを行っています。まずは気軽にご相談くださいませ。

この記事を監修した人
目次
CONTACT & DOCUMENT

お問い合わせ・会社資料

商談中のイメージ画像
Contact

お問い合わせ

海外ウェブマーケティングに関することはお気軽にご相談ください。
また、お見積もりの依頼も可能です。

IGNITE会社資料のイメージ画像
Document

会社資料ダウンロード

株式会社IGNITEの詳しいサービス内容や、事業強みなどをわかりやすくご紹介します。

Blog

同じカテゴリのブログ記事一覧