海外市場をターゲットにしたリスティング広告とは?利点や欠点、運用のポイントについても解説!

日本は世界中から多くの観光客が訪れる国のひとつです。このため、多くの国内の企業や観光業者は外国人向けのリスティング広告を活用し、海外の方や海外市場へアプローチし、サービスや商品の情報を届けています。そこで今回、この記事では、訪日外国人をターゲットとする海外向けリスティング広告を活用したマーケティング戦略に焦点を当て、その利点、欠点、および運用のポイントについて詳しく解説します。海外市場をターゲットにしたリスティング広告の世界に一歩踏み入れてみましょう。

リスティング広告とは

リスティング広告は、Googleなどの検索エンジンやウェブサイト上に表示される、特定のキーワードやクエリに関連した広告掲載の手法です。仕組みとしては、広告主は、ユーザーがクリックした場合に支払う方式を採用しています。関連するキーワードなどにリンクして、その商品やサービスに興味を持っているであろうユーザーに広告を表示させることができるため、効果的なデジタルマーケティング戦略の一部として使用されます。

訪日外国人をターゲットにした海外向けリスティング広告について

訪日外国人向けをターゲットにしたリスティング広告は、国外のユーザーや例えば訪日予定の外国人を対象にして運用します。例えば、東京の温泉旅館が外国人観光客を引き寄せるために、Googleなどの検索エンジン上で「Tokyo Ryokan(東京 旅館)」を検索する人々に向けて広告を出稿します。東京に滞在予定の訪日外国人観光客がこの広告を閲覧しクリックすることで、広告主が料金を支払います。これにより、外国人観光客に東京の旅館を紹介し、予約を促進することができるという仕組みになります。

海外リスティング広告(訪日外国人向け)の利点について

では、海外市場をターゲットとする場合、リスティング広告を運用することでどのような利点があるのか、ご紹介いたします。

日本国内にいても海外へのアプローチが可能

日本にいながらも、直接海外のインターネットユーザーにアプローチすることが可能です。現地へ出向かずとも、特定の国や地域に限定せず、ネットを通じて商品やサービスを宣伝することができるのは大きな利点であるといえるでしょう。

適切なターゲットに効果的にリーチできる

ターゲットとする海外市場のユーザーが検索するキーワードに基づいて広告を表示させることで、効率的にリーチすることが可能です。

海外リスティング広告(訪日外国人向け)の欠点について

続いては、海外市場をターゲットにしたリスティング広告の欠点について解説いたします。

言語的な問題が発生する可能性がある

異なる言語や文化に適応する必要があり、翻訳やローカライズには特別な注意が必要です。誤った翻訳や文化的に不適切な内容があると、広告の効果が損なわれる可能性があります。

国や場所により傾向が異なる

それぞれの国や地域によって好まれる広告の形式や内容が異なるため、それぞれの市場の特性を理解する必要があります。理解していない状態でリスティング広告を運用すると、十分な効果が得られない場合があります。市場調査を行い、地域ごとの傾向を把握した上で広告戦略を展開することが成功の鍵となります。

海外市場をターゲットにしたリスティング広告を運用する上で重要なポイント10選

ではここからは、海外市場をターゲットにしたリスティング広告を運用する上で、重要なポイントを10点お伝えいたします。

ポイント1:ターゲット市場の特定

海外市場におけるリスティング広告の成功させるには、適切なターゲット市場の選定から始まります。これには、対象国や地域、さらにはターゲット層の年齢や性別の明確化が含まれます。市場ごとに異なるターゲット層への適切なアプローチを計画するため、これらの要素を慎重に検討することが不可欠です。

さらに、効果的なリスティング広告を実施するためには、ターゲットとする国や言語の明確化が重要です。例えば、中国市場をターゲットにする場合、英語のリスティング広告を発信しても意味がありません。中国では第一言語が中国語であるため、英語を読めない方がほとんどだからです。どの国をターゲットとして、どの言語でリスティング広告を運用するのかをしっかり検討することが、成功への鍵となります。

ポイント2:適切な広告媒体の選択

ターゲットとするユーザーに最も効果的にリーチするためには、適切な広告媒体の選択が不可欠です。SNS、ブログ、動画配信サービスなど、多様なメディアの中から、ターゲット層が最も活用しているプラットフォームを選ぶようにしましょう。また、地域によって人気のあるプラットフォームも異なるため、市場調査を通じて最適な媒体を選定することが重要です。

ポイント3:ターゲットユーザーを理解する

ターゲットユーザーの検索の傾向や習慣、文化的背景、最新のトレンドを深く理解することも、重要なポイントとなります。これには、それぞれの市場のユーザーを理解し、そこから得た情報を広告戦略に反映させることが含まれます。

ポイント4:競合分析の徹底

ターゲットとする市場における競合他社の広告戦略を徹底的に分析し、その成功要因や弱点を把握しましょう。競合他社がどのような広告をどのように行っているのか、また広告を行っていない場合、なぜ運用していないのかという視点で他社を分析しましょう。そうすることで競合他社の傾向を参考にし、自社の広告戦略をより洗練させることができます。

ポイント5:高品質な翻訳とローカライゼーション

海外市場向けの広告では、単なる言語の翻訳を超えたローカライゼーションが求められます。これは、文化的ニュアンスや地域特有の表現を取り入れ、ターゲット市場のユーザーにとって自然で魅力的な広告コンテンツを作成することを意味します。

ポイント6:広告ルールの遵守

各国や地域には独自の広告に関する法規制やガイドラインが存在します。これらを遵守することは、法的な問題を避けるだけでなく、地域のユーザーに対する敬意を示すことにもつながります。適切な広告ルールの遵守は、企業のイメージやブランド、扱っている商品やサービスなどの信頼性を高める上で不可欠です。

ポイント7:心を動かすキャッチコピーの作成

効果的なリスティング広告を運用するためには、ターゲットユーザーの感情に訴えかけ、行動を促すキャッチコピーが必要です。これには、クリエイティブ力と同時に、ターゲット市場の文化や価値観を理解し、共感を呼び起こす言葉やキャッチフレーズを選定することが求められます。

ポイント8:表示させる検索エンジンの選定について

最後のポイントとしてお伝えするのが、表示させる検索エンジンの選定についてです。こちらは海外向けのリスティングを行う上で理解しておくべき重要な項目となります。日本では主にGoogleやYahooなどの検索エンジンが主に使用されていると思いますが、海外市場ではGoogleが9割のシェアを占めています。そのため日本ではない国でリスティング広告を運用する際は、基本的にGoogleでリスティング広告をだすことをおすすめします。

そのように、ターゲットとする国や地域に応じて最適な検索エンジンを選ぶことが不可欠です。アジア圏は少し欧州とは傾向が異なり、例えば、韓国ではNaver、中国ではBaidu、欧米ではBingといったように、国が違えば、よく使われる検索エンジンも異なります。ターゲットとする国で、主流とされている検索エンジンを事前にリサーチし、それに合わせリスティング広告を導入できるようにしましょう。

ポイント9:ランディングページにおける対策を決める

実際に、リスティング広告をクリックした場合、ランディングページへリンクさせることが多いですが、そのランディングページに関しても、戦略を立てる必要があります。例えば、どのページにランディングさせるのか、リンクするページの言語などのローカライズはできているのか、のようにリスティング広告を出した後の内容や流れについても検討し対応するようにしましょう。

ポイント10:継続的な運用

リスティング広告は出したら終わり、ではありません。継続して運用することも重要なポイントとなります。運用前と運用後の数値を評価したり、毎月あるいは必要に応じて数値を分析し、問題点があるのでれば解決策を、改善が必要なのであれば改善するための策略を考え、継続的に取り組んでいくことが、良い結果に繋がります。

自社で海外市場をターゲットにしたリスティング広告を運用するのは難しいか

自社で海外市場を狙ったリスティング広告の運用は、不可能ではありませんが、一定の難易度が伴います。この分野では、専門的なスキルと知識、さらには語学力が不可欠です。これらの要素を兼ね備えることは容易ではなく、多くの企業にとっては外部の専門家に依頼する方が効果的です。IGNITEでは、このようなサービスを提供しており、海外市場での広告運用をサポートしています。語学力の必要性や専門知識の要求は、自社での運用を困難にする主な要因ですが、適切なサポートを得ることで、これらの課題を克服し、成功へと導くことが可能です。

まとめ:海外に向けたリスティング広告をする際は要点を理解する

訪日外国人をターゲットにした海外向けリスティング広告の運用は、基本的に日本国内での運用方法と同様ですが、言語の違いによりローカライズの重要性が増します。異なる言語に適応するためには、文化的なニュアンスなどを考慮する必要があります。このため、運用の流れが複雑になり、難易度が高くなる場合がほとんどです。

成功に導くためには、言語の理解とリスティング広告に関する知識とスキルが求められますが、そのような人材を確保することは簡単ではありません。そこで頼っていただきたいのが弊社なのです。IGNITEでは、これらの要素を踏まえた効果的な広告運用が可能であり、国境を越えた市場での成功を目指す企業に最適なサポートを提供します。まずは気軽にお問い合わせください。

この記事を監修した人
目次
CONTACT & DOCUMENT

お問い合わせ・会社資料

商談中のイメージ画像
Contact

お問い合わせ

海外ウェブマーケティングに関することはお気軽にご相談ください。
また、お見積もりの依頼も可能です。

IGNITE会社資料のイメージ画像
Document

会社資料ダウンロード

株式会社IGNITEの詳しいサービス内容や、事業強みなどをわかりやすくご紹介します。

Blog

同じカテゴリのブログ記事一覧