海外進出に英語は必要!英会話ができるメリットや学習方法も

IGNITE

|

2022年03月30日

英語力は海外進出をするにあたって必要なスキルのひとつ。しかし、英会話スキルに自信がない方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか?海外ビジネスにおいて、相手と正確なコミュニケーションを行うには英会話能力が重要です。

本記事では、海外進出に英語力があった方が良い理由や、英語力があるメリットなどについて詳しく解説します。

  • 英語力はないが、海外進出を検討している
  • 商品やサービスを国内だけでなく海外で販売したい
  • 英語スキルを習得するか、代理店に依頼するか悩んでいる
  • 海外進出を目指しているが、何から始めれば良いのかがわからない

本記事を読めば、英語が得意でなくとも海外進出を目指す方法がわかります。上記にあてはまる方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

目次

海外進出において、どうして英語が必要といわれているのでしょうか?ここでは海外進出に英語が求められる理由をご紹介します。

グローバル化により英語の重要性が高まっている

現在の世界人口は73億人です。そのなかで、世界で最も使用されている言語は英語であり、実用レベルで英語を話す人口は約15億人とされています。このデータからは、英会話ができることで、世界中の5人に1人とコミュニケーションが取れるということがわかります。

一方、英語人口のなかで英語を第一言語として話すネイティブスピーカーは約3.8億人(約25%)しかいません。英語を外国語として話す人口は約11.2億人(約75%)と、ほとんどの人が外国語として英語を習得した非ネイティブ・スピーカーなのです。

英語人口のなかの多くの人が第二言語として英語を習得している事実は、世界各国が英語を重要視している理由といえるでしょう。特に少子高齢化が進む日本では、年々グローバル化が強く叫ばれています。実際にソニー株式会社やキリンホールディングス株式会社など、日本を代表する大企業も海外進出を果たしています。

英語は世界共通言語であり、外国人とのコミュニケーションには英語が必要不可欠です。なかには通訳がいたり精度の高い翻訳機があれば、英語が話せなくても問題ないと考える方もいますが、英語力がなければ現地で直接交渉する際にもスムーズに話が進みません。

また、英語力がないためにコミュニケーション不足が発生したり、間違った解釈をしてしまったりといったことが原因で、海外進出が失敗に終わった企業も存在します。海外ビジネスにおいて、相手と正確なコミュニケーションを行うには英会話能力が重要といえるのです。

インターネットの普及をはじめとする情報通信の高度化により、世界中と簡単に繋がれるようになりました。インターネットを活用した情報交換では、ほとんどコストをかけずに国をまたぐことができます。情報革命により国境を超えたビジネスをより簡易化することで、海外進出への可能性が一気に広がったのです。

ビジネスマンに英語スキルがあるメリット

海外進出を検討するビジネスマンにとって、英語スキルは大きな武器となります。英語力があるメリットを見ていきましょう。

インターネット上にある約60%以上の情報には英語が使用されています。(出典:Wikipedia 「ウェブサイト数によるランキング」)英語がわかることで日本語だけしかわからない人よりも、圧倒的に多くの情報量が取得できるということです。また、日本では報道されていない情報も、英語力があれば仕入れられます。世界の最新情報を積極的に取得できることにより、視野も広がるでしょう。

インターネットにおける言語の使用

世界では英語が共通言語として認識されています。世界中の5人に1人が英語を話すほど英語人口が多いということは、英語を使えるだけでもビジネスチャンスが大きく増やせる可能性があるということです。世界の情報を仕入れトレンドを読むことで、新しいビジネスチャンスを掴んでいけるでしょう。

効果的な5つの英語学習方法

(出典:Unsplash

ここまでで、海外進出における英語の重要性がおわかりいただけたのではないでしょうか。とはいえ、これから勉強を始めるのでは遅すぎると考える人もいるかもしれません。しかし、英語は日々の努力で少しずつでも身につけることができます。ここでは忙しい人でも実践しやすい、5つの英語学習方法をご紹介します。

英語学習に限らずどんな勉強も、継続することでしっかりとスキルを身につけることができます。継続するためにはできるだけハードルを下げて、無理なく続けられるようにすることが大切です。まずは1日15分だけ勉強するなど、低いハードルで継続できる方法から始めてみましょう。通勤時間や休憩時間など、1日のなかの隙間時間を見つけて学習することで無理なく続けやすいですよ。

数分程度の英語を繰り返し学習する方法もおすすめです。反復学習というと地味なイメージがありますが、地道な勉強を続けられる人こそ最終的にはスキルを身につけられます。たとえばピアノは何度も同じ曲を練習するからこそ、上手に弾けるようになりますよね。英語学習も同じように反復学習が大切なのです。まずは覚えたいフレーズを何度もリスニングするなど、繰り返し学習を実践してみましょう。

楽しいと感じられなければ、継続するのは難しいものです。また楽しみながら学習することで、より効率よく英語が身につきやすくなります。楽しみながら学習したい人におすすめなのが、洋楽や洋画を活用する方法です。洋楽の歌詞や洋画の字幕を見ながら視聴することで、自然と聴く力が身につきます。生きた英語が聴けるため、より実践的な学習ができる魅力もあります。

実践的なアウトプットに最適なのは、外国人の人と交流する機会を作ることです。実際に外国人とコミュニケーションを取ることで、飛躍的に英語力を高められます。最近ではイベントやマッチングサービスなど、外国人とコミュニケーションが取れる場も増えています。ある程度の英語力がついたら、外国人が多く参加するコミュニティに参加してみてはいかがでしょうか。

独学が苦手、あるいはより効率よく英語力を身につけたい方には、学習サービスの活用がおすすめです。高額なイメージもある英語学習サービスですが、最近ではワンコインで始められるなどカジュアルなサービスが増えています。サービスを活用することでモチベーションが上がる、正しい英語が身につけられるなどのメリットもありますので、検討してみるのも良いでしょう。

日本の製品やサービスは、日本人が考えているよりも外国人にとって魅力的に感じられています。たとえば中国人の人が日本の商品を爆買いするほど求めるのは、「日本の市場で流通しているものだから安心」といった心理的な背景があるからでしょう。

そんな海外から人気がある商品やサービスを世界中に伝えるためには、英語が必須です。しかし、「英語力に自信がない」「これから英語を習得する時間やコストをかけられない」という方も少なくないでしょう。そのような方におすすめなのが、代理店の活用です。

英語を使った商談は非常にハードルが高いですが、我々IGNITEは英語圏のマーケティングを行ったり、難しい翻訳やローカライズを実施したりしています。弊社ならワンストップで海外市場にアクセスすることが可能です。御社のテストマーケティングを検討されているなら、ぜひともIGNITEにお問い合わせくださいませ。

https://igni7e.jp/