Web広告 について

Web広告業務

外国人雇用サポート

Facebook広告を用いて成果単価を5,000円にて人材派遣会社へ14人の外国人募集を完遂しました

プロジェクト詳細

派遣会社への人材紹介

外国人労働者のコミュニティーを通じて、大阪にある外国人派遣会社に紹介を頂きました。

この派遣会社には平均して毎年100人以上の外国人労働者がおり、日本全国(大都市から田舎の小さな村まで)に派遣されており、採用シーズンの直前にクライアントからサポートのご依頼を頂きました。

  • カテゴリー
    Web広告
  • クライアント
    派遣会社
  • 現状
    完了
問題点

集客単価が高い

クライアントは外国人労働者を募集する多くの方法を持っていましたが、雇用の主な情報源は求人サイトの使用によるものでした。

クライアントは毎年莫大な金額を求人広告に使っていましたが、1つの広告から採用できるのはたった数名です。

しかし、緊急のケースではたった1つの求人ポジションのために成約単価が100,000円以上になることもざらにあります。

解決方法

当初クライアントが直面していた最も高額な問題にIGNITEは取り組みました。

緊急雇用の場合、求人サイトに頼るのではなく、派遣場所に合う人材確保のため、FacebookおよびInstagram広告を導入いたします。

様々なキャンペーンにより全体的な平均成約単価を5,000円まで抑えることができました。

問題点

スピード感ある採用

クライアントは定期的に緊急雇用に直面していました。

これらの緊急のケースに加え、業界での契約性質によりクライアントは非常に短い時間内で多数の人々を雇うという厳しい状況に置かれておりました。

この短い期間は最短でも1週間となる可能性もあり、採用数は10人を超える新規採用者もありました。

解決方法

IGNITEでは、FacebookやInstagramなどの有料広告を通じて、見込み客の発掘プロセスをスピードアップすることができました。

アクティブなスタンスで潜在的なユーザーに広告表示をすることに焦点をあてた結果、これらの広告はクライアントがわずか2週間で14人の新規採用者を見つけるのに役立ちました。

問題点

限定されたリーチ

業務遂行中に発生したもう1つの課題は、農村地域への派遣で新規採用者を見つけることでした。

クライアントは農村地域への派遣数を増やす予定であり、広告表示を拡大するための問題解決を求めていました。

解決方法

これらの農村地域をターゲットにするには、FacebookやInstagramの求人広告に加えて、「シェア」を促進する新しい紹介システムを導入しました。

この追加のインセンティブにより当初は広告表示されなかった新規ユーザーにまでリーチが広がりました。

Web広告業務

IGNITEでの結果

成果単価 5,000円

就労希望者をターゲットにしたFacebook広告の運用により、クライアントは緊急雇用が必要な状況下で成約単価を 100,000円から 5,000円に減らすことができました。

スピード採用

FacebookおよびInstagram広告キャンペーンを利用することで、クライアントは応募者を増やし、採用速度を向上させることができました。例えば2週間で14人を新規採用する事例もありました。

広告活用でリーチの拡大

紹介システムの導入により、クライアントは日本の人口が少ない農村地域への市場を拡大することができました。

あなたの新しいビジネスをIGNITEする準備はできましたか?